ピンタレスト〈アルゴリズム〉攻略!正しいアカウント運用法

・ブログ等にアクセスを増やしたい!
・マネタイズしてお金を稼ぎたい
・攻略法が知りたい
あいすべ
こんな疑問を、ピンタレストで月間閲覧数約320万人の私が答えます。
ピンタレストの覇者320万人
まだまだピンタレスト運用が定まらない人もたくさんいると思いますので、そんな方向けの記事になります。
SNSを利用する人の多くが、ブログのへアクセス増加を狙ったり、フォロワーを獲得して知名度を上げたいと考えていると思います。
私も全く同じでした
そして、TwitterやInstagramでは運用方法が分からず、かなり苦戦しました。
あいすべ
色々の方にコンサルして貰ったらり、有料の情報を買って勉強しました。
そこで、気づいたのは、SNSは同じアルゴリズムで運用されているという事。
  • youtube
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
これらのプラットフォームの、根底にあるものは同じ。
どんな行動をとれば、フォロワーを得たり、アクセスを得れるようになるのかが分かりました、
そして、一番費用対効果の高いのが、ピンタレストと思いました。
あいすべ
これは、個人の感想ですし、向き不向きがあると思います。
愛犬
そこの見極めも大切だな。
でも他のSNSで思うようなアクセスが得れなかったり、マネタイズ出来ていないのなら試した方がいいです。
私は圧倒的に、ピンタレストが合っていました。
恥ずかしい部分もありますが、私のSNSのアクセス数を公開します。
このブログの先週のSNSアクセス数です。
ピンタレストが圧倒的です。94%近くをピンタレストが占めています。
このサイトには、サブ垢を連携しています。
メインのアカウントではなく、サブでもこのくらいはアクセスがありますし、Twitterと比較にならないです。
結局アクセスを得て、ブログを成長させたいのであれば、ピンタレストが一番と分かりました。

SNSのアルゴリズム

時間を奪えば評価される!

これがSNSアルゴリズムの、全てと言っていいと思います。

SNSに限らず、インターネットがそうなっています。

無料広告システムで運用されてるいまのシステムは、時間の奪い合いでしか企業の利益が生まれません。

それはこの本の著者googleのジェイク・ナップさんとyoutubeのジョン・ゼラツキーさんが言っていますね。
だから、スマホは時間を奪って来るよ?
時間をコントロールしたければ、スマホを叩き割れって言ってるわけです。
作った本人が語っているのですから、間違いないですね。
ここで、「マジかよ、時間奪われまくってたわ」と凹むかもしれません。
でも、これがアルゴリズムです。
あいすべ
なので私たちも、時間奪い合いで評価を得るしかありません。
例えば、Twitterの場合に当てはめます。

そのスイートが、どのぐらい時間を奪ったかというところで拡散性の強さが変わってきます。

「いいね」これは1秒から2秒で終わりますね。

「リツイート」自分のフォロワーにもそのツイートが見られるため効果は「いいね」よりも高いと思われる。

フォロワー数によって変化するかもしれません。

「引用リツイート」さらに自分のツイートも混ぜてツイートするため、より多くの時間を取られるなので評価が高いと思います。

「リプ」時間がかかるため、それなりに評価高いと考察。

このようにツイートに対して奪った時間という概念が、ツイートの評価に値して、ツイートの奪った時間で拡散性の強さが決まる。

「いいね」<「リツイート」=「リプ」<「引用リツイート」

こんな公式が考えられます。

ツイートで時間を奪えば奪うほど、拡散先でもさらに時間を奪うため。ドンドン優先順位が上がります。

そしてバズが生まれる!

これがバズの基本概念だと思います。

ピンタレストのアルゴリズム

残念ながら、ピンタレストのアルゴリズムを解析している人はいません。

本を探してもありませんし、そもそも詳しい人がいない。

なので、私が本を出したのですが、私自体もまだまだ手探りです。

あいすべ
私はピンタレストを10ヵ月の間、真剣に運用に取り組んできました。

あえて1ヵ月手を抜いた期間もありましたが、その間もサブ垢を育てるなどして、研鑽してきました。

今回色々な気づきがあったので、有料noteや本とは別の、私の極秘ピンタレスト運用方法を公開します!

本当はまだ公開したくないのですが、多くの方に、ピンタレストを有効活用してもらいたいので特別です。

他のSNSとの違い

他のSNSは、時間の奪い合いだと説明しました。

時間を奪って、自分のプラットフォームで広告を見て貰う

これが他のSNSの大前提です。

なので、プラットフォームでの滞在時間を非常に重視しています。

また、またアプリを起動して貰うための、通知の工夫が凝らされてます。

この辺は、脳科学を駆使した作りになってるので、非常に狡猾です。

ですが、ピンタレストの場合少し違います。

違いは2点

・ピンタレストは広告が少ないというか、ほぼない
・ピンタレストからの離脱がOKなシステム

広告が少ないのは、ピンタレストジャパンとして、運用されたのが最近なのでまだ広告主が少ない?もしくは利用者数が少ないので、広告主にあまり相手にされていない。

どちらか、かもしれません。

もう1つが重要で。

ピンタレストからの離脱が、OKなシステムなのです。

インスタでは、外部リンク(ブログなど)を付けられるようになるまでに、条件があります。

フォロワー数1万人
正直引くくらい、ハードルが高いです。
これは、このくらい貢献したならば、外部リンク(マネタイズ)してもいいよ!
というインスタ様からの、メッセージと捉えることが出来ます。
あいすべ
インスタはフォロワー1万人。
愛犬
めちゃ厳しいね。
同じ貼り放題のツイッターも、ストック型ではないので、ツイートを何度もしなければならないという試練があります。
ツイートしても、数秒でタイムラインに埋もれてしまう。
みんなに見て欲しいなら、たくさんのツイートすると、おすすめのアカウントに表示されます。
そうなると、フォロワーが増えるので、徐々にツイートも露出が上がってきます。
しかし、Twitterはツイートに外部リンクを貼ると、急にインプレッションが下がるアルゴリズムになっています。
あいすべ
これがモチベーションを下げてくれます。
これは色々な方が、実験して分析していたりしますね。
でも実験しなくても、分かります、離脱は困るのでそんなアルゴリズムなっていることが腹落ちすると思います。
でも。
ピンタレストは離脱するのが、基本となっているシステム。
ブックマーク的に使われることが、基本概念のようになっているので。
リンク先が最初から用意されていますし、他のプラットフォームにも繋げ放題です。
それが先ほどの結果になっているという事です。
ピンタレストのアルゴリズム
あなたは、どのSNSに魅力を感じますか?

今後の大胆予想

愛犬
なるほど、じゃあピンタレストは楽園だな?
あいすべ
そんなわけないじゃないですか!
ピンタレストだって、慈善事業じゃありません。
当然利益追求してきます。
普通に考えて、外部リンクを歓迎する運用を維持できるわけないじゃないですか?
自分のブログのメイン集客記事から、他の人のキラーページ(収益記事)にリンクしているのと同じですよ?
今が異常なだけだと思います。
今がボーナスステージ!
次のステージがあるはず。
・フォロワー1万人じゃないと外部リンクは不可(Instagram)
・固定ページ以外のピンはインプレッションが下がる(Twitter)
・総再生時間4000時間以上じゃないと広告なし(youtube)
こんな感じに改悪される可能性は十分にありますよね。
現にyoutubeはもっと厳しくなりそうですし。
ピンタレストが、どんなタイプの対応をしてくるのかは、不明です。
あいすべ
でもはっきりしているのが、プラットフォーム側に貢献しないアカウントは、いらないですよ!ということ
愛犬
世知辛い
他のSNSからヒントを得て、今の段階でやっておかなければならない対策って何でしょうか?
私はそっちの運用をしています。
正直独自路線ですが、対策しなければ、いずれ改悪されて泣きをみるのは目に見えてる。
googleアドセンスだって、最初は独自ドメインとか、要らなかったですからね。

ピンタレスト運用方法

じゃあピンタレスト側にとって、どんな事がメリットになるか考えて、どんな行動をするべきなのか?
いくつか具体例を上げていきたいと思います。

リピンする

いやいや、リピンくらいしているよ?
と思うかもしれませんが、どのくらいしていますか?
1日3回くらいをするのが、私はいいと思っています。
時間も決めていますが、間隔は空けてリピンします。
結局、リピンとはユーザーが良いと思ったピンをピンタレスト側に伝える行為なんです。
アンケートモニタや、無料の動画ダウンロードにもあるシステムですが。
ユーザーに、どんなものが良いと思うのかを、教えて貰いたいのが運営側です。
私たちも、ユーザーの一人なので、リピンによってこれが面白いとかエモイと伝える必要があります。
あいすべ
なので、私はリピンを結構厳選しています。
正直、なんでもピン止めすると、アカウント停止のペナルティを食らう事もあるので、注意ですよ!
アカウント停止を食らった人を何人も知っていますが、リピンの直後とみな言っていました。
このペナルティを発動してる時点で、ピンタレスト側のメッセージは明らかです。
愛犬
ちゃんとやれ!ってこと?
そう思います。

正しいリピン

正しいリピンをしていれば、運営側からも評価されるし、自分のピンも伸びます。
私が良くリピンをお願いする時は、自分のピンの中でも優秀(保存数やクリック率)な物を厳選しています。
そして、リピンは自分のピンもリピン出来ます。
自分のピンをリピンしてくれた人のボードから、さらにリピンすることが出来るんです。
これをやらない人が多いですね。
先日の企画の時のツイートです。

数時間の企画でしたが、36人の方が参加頂けました。
そして、その後失礼ながらツイートしました。

noteではなく、ブログにしましたが。
私がリピンをしたピンを、更に自分でもう一度リピンするのが有効です。
実際に1人だけでした、そして結果も良かったようです。

けいさんは、私のリピンのあと、私のボードからしっかりと更にリピンしました。
大切なのは、運用実績(フォロワー数依存が濃厚)のあるアカウントにリピンしてもらう事です。
リピン企画をやっていたら、乗っかるべきですね!
あいすべ
私もちょくちょくやってるので、是非参加下さい。

フォローする

月間閲覧者が多いアカウントをフォローして、その人にフォローされましょう!
具体的には、コメントを残すのではなく!
リピンで相手の通知に何度も乗るのが、効果的です。
何度もリピンされていると、こちらも気になってきますし、そもそもお礼がしたくなります。
倫理学的には、返報性の原理。
フォローを返してもらえることが、あると思います。
そしてリピンして貰える可能性も、アップしますよね!
フォロワーは、ピンタレストにあまり関係なさそうだと思っている方多いと思います。
でも、本当にそうでしょうか?
先ほどの予想通り、いつかはピンタレストも変化の時期を迎えます。

ピンタレストが爆上がりしているんですよね。
準備が整ったら、動くと思います。
なので、私は少し焦って運用に力を入れ始めました。
実は私も、フォロワーの多い方にアプローチしているのですが、反応ないんですよね。
ピンタレストはコミュニケーションをとるツールではないので、あまり仲良く出来なかったりします。
自分で言うのも、なんですが。
国内ランキングにも入っていて、コミュニケーションがとれるアカウントはそうそういないです。
あいすべ
Twitterなどで、気軽に絡んでくださいね!
愛犬
ちゃっかりCMするのね(笑)

アルゴリズムまとめ

ピンタレストに関する基本的な運用も、記事にしています。
よかったらご覧ください。
本も出しています。
ブログの記事を載せても、全然アクセスがなくて正直辞めようとまで思ったのですが、今はどんどん伸びています。
最高月320万インプレッションです。
あいすべ
私のデータと分析をまとめています。
ピンタレストがなぜ重要で、どうやったら伸びるのかAmazonで本を出版しました!
amazonの本は、クリックに特化したサブ垢の実績と、クリックされたピンを公表しています。
これはサブ垢の1つのボードです、クリックが7420。
見ずらいですが、運用は2ヵ月くらいでの、結果です。
月間閲覧者30万人。
サブ垢なので、本垢のように4000人のフォロワーとかは、いません。
それでも、結果は出ています。
今サブ垢は、3つを運用しているので、このアカウントばかりに時間をかけてるわけではないです。
あいすべ
でもすべてのアカウントで、結果が出ています。
再現性が高いものだと、自負しています。
好評なので、ご覧頂ければ嬉しいです。
created by Rinker
¥1,000(2020/10/29 11:09:13時点 Amazon調べ-詳細)
最新情報をチェックしよう!